〒465-0055 愛知県名古屋市名東区勢子坊2-103

電話:052-702-0202
夜間診療 19:30まで

歯が溶ける 酸蝕歯ってなに?

歯が溶ける 酸蝕歯ってなに?|名古屋市名東区の審美歯科・小児歯科 ・予防歯科・矯正歯科

携帯サイトQRコード
トップページ»  歯が溶ける 酸蝕歯ってなに?

キーンとしみる知覚過敏。症状が重くなる前に治療を。

歯が溶ける 酸蝕歯ってなに?

むし歯菌の出す酸がなくても、身近な酸性の食べ物や飲み物が歯を溶かす、ということはご存知でしょうか?

CASE1   CASE2
酸蝕歯 CASE1   酸蝕歯 CASE2
     
CASE3   CASE4
酸蝕歯 CASE3   酸蝕歯 CASE4
ジョギング後にスポーツドリンクを飲んでいる
走った後は口の中がカラカラ。唾液の分泌量が少ないときに酸性の飲み物を飲むと酸蝕歯になりやすくなります。
朝食後にグレープフルーツを食べ、直後に歯磨きしている
柑橘系の果物は酸性度が高く、エナメル質を柔軟させます。
そこへゴシゴシと歯磨きすると、エナメル質が削られてしまいます。
赤ちゃんがぐずる時、哺乳瓶でジュースを飲ませる
乳歯は軟らかく、酸性の飲み物に対してデリケートです。
お酒はチューハイかワイン。つまみはいらない
柑橘系の果汁の入ったお酒やワインを毎日晩酌でチビチビ飲み続けると酸蝕歯のリスクが高くなります。
pagetop